« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

マトリョーシカちゃん

マトリョーシカちゃんとの出会いは幼稚園の頃・・・
大好きな絵本の一つでした。

マトリョーシカとはロシアの民族人形で、最近ではいろんな形のものがあります。
木彫りの人形の中に、一回り小さな人形が入っていて、さらにその中に一回り小さな人形が・・・という具合に手のひらサイズのものだと3~4人の人形が入っています。

Matoanime_2 ←こんな感じの人形です

絵本の中身は一番大きなマトリョーシカちゃんがパーティーを企画しますが、やってくるお友達はみんな自分より小さな人ばかりで、自分のダンスのお相手にはなりません。
お友達もがっかりしますが、一番大きなマトリョーシカちゃんの中から次々と一回り小さなマトリョーシカちゃんがあらわれて解決する・・・
というものです。
絵のタッチがやさしくて、かわいらしいのでよく読んでもらっていました。

最近、三谷幸喜が出演しているJALのCMでマトリョーシカちゃんが使われているのを見かけました。
今、マトリョーシカちゃんはブームなんです!!!(たぶん)

Book マトリョーシカちゃん

著者:ヴェ ヴィクトロフ,イ ベロポーリスカヤ,加古 里子
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武士の一分

TUTAYAで借りました。
藤沢周平シリーズはDVD借りてまで見たのは初めてです。

「武士の一分」は映画公開時、見たいなーとちょっとは思ったものの、映画館に行ってまで見たいというほどではありませんでした。
で、DVDで見た感想ですが、やっぱり映画館じゃなくても十分でした。

内容はもちろん面白かったです。
キムタクの演技って正直どれも同じに見えてしまってあんまり好きじゃないんですが、時代劇といういつものパターンと違うせいか、キムタクなんだけど、キムタクじゃないみたいでした。
それにキムタクと壇れいの夫婦、あの時代ではあまりない相思相愛な関係がすごくステキだなと思いました。

出演者が全員、庄内弁を話すのですが、地元の人間(母)からしてみると、やっぱりどことなくイントネーションが違うそうです。
でも、やっぱり田舎のなまりって人を温かく見せてくれていいですね。
キムタクがなまってるのも新鮮で面白かったです。

出演者のなかで一番光ってたのは、笹野高史さん!
さっっっすが最優秀助演男優賞!!
キムタク夫婦にすっごく従順で、すっごくすっとぼけていて・・・
メチャメチャいい味出してました。

武士の一分 DVD 武士の一分

販売元:松竹
発売日:2007/06/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のニキビ

ニキビって言うか、吹き出物っていうか・・・
まぁメンチョとも言いますねぇ・・・

10代の頃、全くといってよいほど縁のなかったやつらですが、20代も後半に差し掛かり、マブダチのように親しくなってしまいました。

最近職場の環境が思いっきり変わり、働くのが大嫌いな自分としてはかなりのストレスになっていると思われます。
たぶんそのせいもあるのかなと思いますが・・・

やつらがやってくる場所はだいたい決まっていて、おでこの左側、左のほっぺ、あご。
今、特にひどいのがあごで、毎日1っこづつできているような気がします。
ひどいときは、クレーターのようになってしまい、かなり治りが遅いです。
赤い奴らは痛いし、白い奴らはつぶしたいしで、日に日に奴ら自体がストレスになっているようです。

そこで、昨日の夜から「Proactiv」を使い始めました。
眞鍋かおりがCMしているニキビ対策美容液というやつです。
効くのか効かないのかはまだ解りませんが、60日間の返品保障がついていたので、よっこらさっとやって見ることにしたのです。

スクラブ入りの洗顔フォームは正直苦手なのですが、確かに毛穴に効きそうです。
美容液はまだ慣れていないせいか、肌に合っていないのか少し突っ張るような気がします。
でも、これでニキビが直れば儲けもん。
合わなくても返品できるので、取り合えあず続けてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ポカリスウェットCM

私はCMを見てよく大笑いしています。

家族には「なにが面白いの?」とよく言われますが、CMって突っ込みどころが満載でかなり見ごたえがあるんです!

最近思ったのは「ポカリスウェット」のCM
SMAPの5人がそれぞれに出ているあれです。
初めの頃、私は中居君と吾郎ちゃんVerしか見ることができませんでした。
シリーズ化されているCMって全種類みたい!って気にさせられません?
その時点でかなり策略にはまってしまっている訳ですが・・・
私は、慎吾君、剛君Verになかなか遭遇できなかったのです。
そしてちょうどその頃、「そう言えばキムタクVerって見ないな」と思っていました。
それもそのはず。まだ公開前なのですから。
キムタクVerのみ他の皆よりずいぶん遅れて公開されたんですね。

そして、やっと遭遇できる機会が増えたな~と思っていたら、最近ではキムタクばっかりに。
別にキムタクが嫌いなわけじゃないんですが、せっかくだから、色んなVerが見たいじゃないですか。
特に剛君のサイコロはどんな風になってんの!?と、もう一度みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞妓Haaaan!!!

クドカン映画やっぱ最高です!!

映画は基本、予告で気になったものを見に行くのですが、「舞妓Haaaan!!!」はクドカン、アベサダコンビってだけで見に行く!と決めていました。

舞妓さんの世界って、正直解らない世界です。
でも、日本女性として生まれた以上、一度はあこがれる世界なのかなとも思います。
高校の就学旅行で京都を訪れた際、体験舞妓をしてくればよかったとかなり後悔していますから・・・

ストーリーはクドカンならではのハイテンションな速さで展開していきます。
しかし、「木更津キャッツアイ」のような行ったり来たりはないので、わかりやすいと思います。
現実ではありえないアベサダこと公ちゃんの人生に大笑い
全ては舞妓ハンのため・・・
舞妓ハンのためなら何でもやっちゃう行動力のすごさに脱帽。
一般サラリーマンが舞妓ハンのために野球選手になり、映画を作り、格闘家になり・・・
そして、それに協力しちゃうというか、巻き込まれちゃう回りの豪華キャストもすごい。
冷静に見ていると、公ちゃんのスケールのでかいわがままなんですが、あのハイテンションで回りを巻き込んで、でもみんな幸せ(?)になってちゃうのが見ていて楽しかったです。

でも、楽しいばっかりじゃなくちゃんと人間ドラマも盛り込まれていて、ホロリとするシーンも・・・

そして、主題歌が面白い!!
歌詞がなんというか、バカバカしい?
それもそのはず。歌っているのが、あの「グループ魂」と柴崎コウのコラボなんですから!
その名も「グループ魂に柴崎コウが」
まんまじゃん!!ってかなり突っ込みたいところですが、らしいなあって感じもします。

この映画は一人で見に行くのは辞めたほうがよいと思います。
声に出して笑って見たい映画なので、一人で行って笑ってるとちょっと恥ずかしいし・・・
中野良い友達と一緒に行くことをおすすめします。

Bn468_60_2

http://www.maikohaaaan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ターボ ジャム

ターボジャムはエクササイズのDVDです。

ビリーのブートキャンプも人気のDVDで従兄弟に借りてみたのですが、かなりきつい!!
あれをつづけるのは結構きついものがあります。

妹がミクシィで聞いたところによると、やはり「ビリーはきつい」という声が多いようで、どちらかというと、男性向きな内容なんだとか。
一方「ターボジャム」はどちらかというと女性向きの内容だ、ということでこちらをチャレンジ!
今日で6日目になります。

最初の一日目で、背中と腕が筋肉痛になりました。
しかし、音楽に合わせてリズミカルに踊るようにエクササイズできるので、ビリーよりは軽くできます。
プログラムの内容は全部で5つで、私は毎回かなりの汗を流しています。

成果の程は正直まだ発表できるほどではないので、もっと毎日続けてがんばりたいと思います!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ゲゲゲの鬼太郎

ウェンツ鬼太郎を見に行きました。
超豪華キャストが沢山出演しているので、以前から見に行こうと思っていた作品です。

実際に見てみると、思っていた以上に面白かったです。
鬼太郎のクセに携帯電話を使用しているあたりとか、クラブに行って踊りまくったりと、なかなか現代的でした。

大泉洋もかなりのねずみっプリで、いいボケかましてくれたりと、声を出して笑ってしまうシーンも少なくありません。
原作通りひどい裏切りっぷりもむしろ、気持ちがいいくらい。

他にも、子泣き爺の寛平ちゃんや、和入道の西田敏行の掛け合いがかなりおもしろい!!
あれはこの映画で一番笑わせてもらったシーン!

結構親子連れで見に来ている人も多かったです。
是非、またみたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »